クリス岡崎著「30分で英語が話せる」を読んでみました

クリス岡崎さんと言えば「億万長者 専門学校」の著者というイメージで、コーチングやセミナーを生業としている方だと思っていましたが、実は英語関連の書籍も出版されていたようです。

今回はクリス岡崎著「30分で英語が話せる」の内容と感想をご紹介しようと思います。

 

クリス岡崎さんってどんな人?

chrisokazaki

 

簡単にプロフィールを紹介します。クリス岡崎さんは世界No.1コーチのアンソニーロビンスの主席同時通訳を7年間以上担当。

休憩なし12時間連続で同時通訳をやってしまうほどで、ベテランA級国際会議通訳たちから「クリスの通訳を超える通訳をきいたことがない」を言われるほどの英語スキルの持ち主です。

また、社会人向けに「ウェルスマスター・イングリッシュクラブ」という英語教室を開校。アンソニー・ロビンス直伝のコーチングスキルを導入した授業は好評で、隔週3時間・各講座2万円にもかかわらず全国から参加者が集まるほど人気ぶり。

 

参加者たちは「究極の英語教室」と絶賛、さらにその評判を耳にして参加した英語教師たちからは「ためらいつつも絶賛された教育法」との評価を集めているそうです。

 

30分で英語が話せるようになるための3つの方法

本書の対象読者は難しい英語は抜きにして最短・最速でネイティブと会話したい人向けなので、英語を学ぶための本、というよりも、英語を気軽に楽しく勉強するためのコツがちりばめられていました。

 

そんなコツの中から参考になったところを3つご紹介したいと思います。

 

1.日常会話に必要な700語を覚えて使いまわす

2.文法・語順は気にしない

3. 6つの発音(R、L、V、Th,Wh,F)を直す

 

1.日常会話に必要な700語を覚えて使いまわす

700語というのはネイティブの5,6歳レベルのボキャブラリーです。

5,6歳児の子供というと大人とコミュニケーションも取れている年齢ですから、

700語あれば英会話はできるという事です。

 

5,6歳児のボキャブラリーがどのくらいのレベルかというと、次の単語を知っている程度のものです。

 

・table

・window

・pen

・television

・radio

・bike

・engine

・black

・suits

・spoon

 

700語知っているというのは身の回りにあるものの名前が言えるかどうかのレベルというのが分かります。

もちろん700語では自分の言いたいことが言えるレベルではありません。

 

私たち日本人が平均して5000語の日本語を使っているので、それよりも少ない700語ていどの英語のボキャブラリーで英会話をしようとしたら言いたいことが言えないのは当然のことです。

 

そこで、発想を変えて、英単語700語で言いたい事が言えるように表現を簡単にします。

 

例えば、この写真を英語で説明するときにどんな表現を使うでしょうか。

loghouse

 

「木に囲まれた木造建築の家が一軒建っています。」

と言おうとすると木造建築って…英語でなんて言うんだろうという発想になります。

 

そこで、発想を変えて知っている簡単な単語で表現するようにします。

 

たとえば、

「ログハウスがあります。木に囲まれています。」

という風にです。

 

「木に囲まれた木造建築の家が一軒建っています。」

と同じ意味でありながら、表現を簡単にしています。

 

発想のコツは5,6歳児に通じる様に話すことです。

子ども相手に「木造建築の家」とは言わず、木の家とかログハウス、と言いますよね。

 

単語帳を見てボキャブラリーを増やそうとするよりも

知っている単語を使いまわす方が手っ取り早い、ということです。

 

 

2.文法・語順は気にしない

たとえば、

「今晩?どう?」

「どう?今晩?」

どちらも通じる言葉です。

 

「今晩遅くまで働くの?」

「遅くまで働くの?今晩?」

これもどちらも通じる言葉です。

 

英語にすれば、

Do you work late tonight?(今晩遅くまで働くの?)

You work late tonight?(遅くまで働くの?今晩?)

ですが、どちらも英語文法としておかしくありませんし、実際に通じる言葉です。

 

もし外国人から片言の日本語で話しかけられたとします。

「ワタシ、ヨコハマ、チュウカガイ、イキタイ」

こんな風に話しかけられても相手の言わんとすることは想像できますよね。

 

文法としては完全におかしな日本語ですが、

「この人は横浜の中華街に行きたいんだな」

と自分の頭の中で意味を補完することができます。

 

 

逆の立場で言えば、

私たちが片言の英語しか話せなかったとしても

相手の頭の中で意味を補完できるということです。

 

ですので、相手の理解力に委ねてしまえば良いので

ちょっとくらい語順や文法がおかしくても気にしなくていいのです。

 

 

3. 6つの発音(R、L、V、Th,Wh,F)を直す

例えば「語尾のL」は、

「ル」ではなく「オー(ヨー)」と発音します。

 

「global」は「グローバル」でなく、「グローボー」

「medical」は「メディカル」ではなく、「メディコー」

「excel」はエクセルではなく「エクソー」

 

また、「Wh」はどう発音するかというと、

「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」ではなくて「ゥワ・ゥイ・フ・ゥエ・ゥオ」。

 

「ゥ」は「口を小さく⇒大きく拡げる」ように音を出すのがポイントです。

「when」は「ホエン」でも「フェン」でもなく、「ゥエン」

「white」は「ホワイト」ではなくて「ゥワイト」

「why」は「ホワイ」ではなくて「ゥワィ」

 

「R,L,V,Th,Wh,F」この6つの発音をちょっと変えてみるだけで、ネイティブへの伝わりやすさが一気に変わります。

 

クリス岡崎さんは心のブロックを外すのが上手

以上3つのコツをご紹介しましたが、ほかにも参考になるところは沢山ありました。

 

本書を読んでいて、クリス岡崎さんは日本人が持っている英語へのメンタルブロックを外すのが上手だとつくづく感心しました。

 

日本人の英語に対するメンタルブロックというのは、

例えば、

・キチンと発音しなければいけない

・ボキャブラリーがないと英会話は上達しない

・正しい文法でないと相手に伝わらない

などですね。

 

●●しなければいけない、そんなメンタルブロックを1つ、また1つと、

本書ではクリス岡崎さんのご機嫌な口調が外していってくれます。

 

私も発音や勉強方法などに関して参考になるとこがありました。

参考になるどころか目からウロコが落ちるような思いもしました。

 

世界No1.コーチ アンソニーロビンスの通訳をやっているだけあって、コーチングの実力も半端じゃないことが本書からうかがえます。

 

英語に苦手意識がある方、英語の勉強は難しいと思っている方にぜひ読んでほしい内容です。

「英語って意外と簡単!」そう思える様になりますよ。

 

 

 >>30分で英語が話せる

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*