英語をネイティブに習うことの落とし穴とは?

今回は、ネイティブも良いけど、日本人スピーカーの方が英会話勉強の初心者に向いているよ、と言うお話です。

ネイティブに習うメリットは沢山ありますが、何と言ってもネイティブが実際に使う発音や表現を知ることができるという事です。

英会話スクールや英会話教材でもネイティブスピーカーが起用されるのも発音が綺麗だからです。(当たり前ですが)

確かにネイティブに教わった方が間違いが少なく、実践的で効率良く学習できそうですよね。
しかも生の英語に触れることができます。
しかし、ネイティブスピーカー=英会話を教えるのが上手というわけではありません。

なぜでしょうか?

 

ネイティブスピーカー=教え上手ではない

例えば、日本人=日本語を教えるのが上手、というわけではありませんよね。

同じように数学の成績の良い人=数学の教え上手ではありませんし、サッカーが得意な人=サッカーの教え上手ではないですよね。

数学の成績が良い人は地頭が良い・記憶力が良い場合もあるので勉強ができない人の気持ちが分かりませんし、
スポーツが得意な人は運動神経が良いので、運動神経が鈍い人の気持ちが分からないのです。
つまり、英会話習得に苦労したことのないネイティブに、英会話習得で苦労している日本人の気持ちは分かるわけないのです。
ネイティブは物心つく前から英語に触れているので体で英語を覚えています。

そんなネイティブに英語の文法や言い回し、ニュアンスを聞いても「何となく」とか「こういうもの」という回答ですから、英語を教わる私たちも「何となく分かった」程度の理解でとどまります。
最初に触れたようにネイティブから英語を学ぶメリットはあります。
しかし、英会話を始めたばかりの人がネイティブから英語を勉強しても表現が聞き取れなかったり、知識が足りなくて思うように会話ができず、心が折れてしまうのです。

英会話スクールや教材を買う費用を節約して、安く済ませられる英会話カフェなどを利用してる人がいますが挫折している人を何人も知っています。

 

ネイティブに習うなら教え上手な人を探すこと

英会話初心者がネイティブから英語を教わりたいなら、日本語が通じる+教え慣れている人が良いでしょう。

英語のルールを日本語で納得いく理由で説明してもらえる先生なら心強いですね。

英会話スクールでマンツーマンレッスンをしなくても、skype英会話やsensei navi.comなどでもプライベートレッスンは受けられます。

自分で先生を探すプライベートレッスンの場合は、あなたと先生の間での料金交渉となるので英会話スクールよりもリーズナブルに抑えることができます。

しかも、ちょっとした工夫で嫌な顔されずに費用を安くしてもらうこともできます。(興味があればメールから問い合わせをしてください。)

 

しかしながら、教え上手なネイティブに出会えるかどうかはレッスンを受けてみないと分かりません。

こればかりは体験レッスンなどで数を打ってみないといけません。

人間関係の相性もありますからね。

 

また、見つけられたとしても先生が多忙で予約が取れなかったり、すぐに予約が埋まってレッスンを受けられず、一向に学習が進められないこともあります。

 

教え上手な日本人スピーカーから習った方が上達は早い

英会話の初心者は教え上手な日本人スピーカーから教わる事をお勧めします。

なぜかというと、私の経験上ですが、教え上手な人は過去に自分自身も英語習得で苦労した経験があるからです。

あなたの悩みをかつて歩んだ先輩に聞いた方が、感覚で英語を覚えたネイティブより具体的なアドバイスが聞けますよね。

 

例えば、あなたが英語の発音で苦労しているなら、発音を試行錯誤して上手になった人に聞いた方が実践的なアドバイスが貰えます。

あなたがTOEICのリスニングで伸び悩んでいるなら、TOEICのリスニングを克服した人に聞いた方が良いですよね。

 

私の場合は、エブリデイイングリッシュフレージーズを購入し、販売者とメールのやりとりをして、自分バージョンの勉強方法をコーディネートしてもらいました。

当時はLとRといった発音などは二の次で、明日にでも使えるような実践的な勉強・練習方法を図々しいほどに聞きまくりました。

 

英会話は独学でも習得可能ですが、教え上手な人から勉強方法を教えてもらう事で成長のスピードは全然違います。

 

あなたには英会話学習をサポートしてくれる人はいるでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。