英会話コラム

スポンサーリンク

オンラインビジネス英会話人気の3社を比べてみた

私の会社員時代に海外勤務を熱望している先輩がおり、英会話教室にコツコツ通ってました。(しかもランニングで)

その先輩が海外勤務が決まったのは、先輩が英会話教室に通っている事実を知った3カ月後でした。
どのくらい通っていたのか分かりませんが、準備していたからこそ先輩は海外勤務を勝ち取ったのだと思います。

先輩はランニングで英会話教室に通っていましたが、
いまではオンラインでスカイプなどを使っていつでも場所を問わず英会話学習は可能ですよね。

そんなオンライン英会話教室は山ほどあるわけですが、仕事で使うビジネス英会話となると趣味の英会話とは一線を画します。

今回は仕事やステップアップのためにビジネス英会話を学びたい人のために、
ビジネス英会話サービスの中から人気の3社をピックアップしてご紹介しようと思います。

オンラインビジネス英会話スクール 人気3社の特徴と選び方

①Mainichi Eikaiwaのビジネス英会話コース
https://www.mainichieikaiwa.jp/courses/business-english/

②産経オンライン英会話のビジネス英会話コース
http://learning.sankei.co.jp/curriculum/business-conversation

③オンライン英会話ビズメイツ
https://www.bizmates.jp/

Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コースの特徴

Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コースの主な特徴はこの3つです。

・高学歴ネイティブ多め
・TESOL保有講師
・日本語を話せるバイリンガルがいる

Mainichi Eikaiwaは他社の中でも講師のレベルが高めです。

講師は皆、高学歴であり、TESOLという英語を母国語としない人向けの英語教育に関する資格を保有する方もいます。

また習得が難しいとされる日本語を話せる講師もいる事からも講師陣のレベルの高さが伺えます。

従って、ハイレベルなビジネス英会話であっても分かりやすく説明してくれる事、1レッスンあたりの質は他社よりも高く、密度の高いレッスンが期待出来ますね。

産経オンライン英会話のビジネス英会話コース

産経オンライン英会話のビジネス英会話コースの主な特徴はこの3つです。
・低価格
・無料の教材が豊富
・自社基準のGCAT

産経オンライン英会話は業界でもトップレベルの料金の安さが特徴です。

ビジネス英会話は趣味レベルの英会話と違い、受講者はある程度お金に余裕があり、しかも本気の方が多いです。

そのため、受講料は数十万円かかるコースもありますが、産経オンライン英会話の場合は、5000円~1万円/月程度です。

また、朝5時から夜25時までレッスンは受け付けていますし、週末だけのコースもあり、忙しい方も都合をつけやすくなっています。

そしてレッスンで使用するオリジナル教材はレベルや目的に合わせて約1,200種類、いずれも無料で使用出来ます。

また、GCATという自社の英会話技術測量テストを開発しており、日本人がビジネス英会話を習得しやすいような取り組みも行っています。
客観的に英会話の力を見れるのは受講者にとってモチベーションの1つとなりそうですね。

講師の質に強いこだわりは無く、なるべく予算を抑えてビジネス英会話を学びたいならおすすめのサービスです。

オンライン英会話ビズメイツ

オンライン英会話ビズメイツの主な特徴はこの3つです。

・講師はビジネス経験保有者
・予習・復習はビデオレッスンでいつでも可能
・5段階評価で英語力を評価出来る

ビズメイツの講師陣は全員、ビジネス経験があります。
また、博士号やMBAを持つ講師も在籍しています。

ビジネス英会話を学ぶ受講生にとって現場経験のある講師から学べるのは非常に魅力的です。
より現場に即した表現を学ぶ事が出来ますし、これから現場に出る受講生からすれ聞きたい事はたくさんあるでしょう。

また、ビズメイトは予習・復習がしやすいようにビデオレッスンサービスが設けられています。
私個人は予習に力を入れたい方なので、事前に流れを知った上でレッスンに臨めるので、こういったサービスは有効活用したいですね。

また、自身の習熟度が分かるように、5段階のレベルとランクにより評価が可能です。

スピーキング力、リスニング力、語彙力、文法、発音、実践力といった観点によりで評価出来ますので、得意・不得意分野が分かり、効率の良い学習が出来ますね。

ビズメイトのサービスは講師陣・学習環境ともに優れたサービスと言えるでしょう。

 

各社サービスのその他の特徴についてまとめ

各社サービスの主要な特徴について触れましたが分かりやすく他の特徴についてもまとめます。

項目 Mainichi Eikaiwa  産経オンライン英会話 ビズメイツ
レッスン料(25分) 1,500円 193円 387円
通話環境 Skype Skype Skype
講師 ネイティブのみ 非ネイティブも在籍 ビジネス経験保有者限定
無料レッスン 50分1回 2回 (合計50分) 25分1回
教材 オリジナル オリジナル オリジナル
習熟度評価 なし あり あり

(レッスン料はコースによって違うので各HPで正確な料金を確認してください。)

 

タイプ別オススメのサービス

3社のサービスの特徴を踏まえて、お勧めの人を分類したので参考にしてみてください。

Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コース
・丁寧かつ分かりやすく教えてほしい
・密度の高いレッスンを期待している
・日本語を話せる講師に教わりたい

Mainichi Eikaiwaのビジネス英会話コース

産経オンライン英会話をおすすめしたい人
・費用を抑えてビジネス英会話を学びたい
・自分の都合にあわせてレッスンを受けたい
・習熟度を客観評価してほしい

産経オンライン英会話のビジネス英会話コース

ビズメイツをおすすめしたい人
・現場経験のある講師から学びたい
・予習・復習をしっかりしたい
・習熟度を細かくチェックして、効率よく学習したい

オンライン英会話ビズメイツ

ビジネス英会話サービスは各社特徴があり優劣ではなく、ご自身の需要にマッチしているかどうかが選ぶうえで重要なポイントとなります。
サービスを良くわからず利用して「イメージと違っていた!」なんて事にならないよう、ご自身の求めるサービスがあるかどうかよくよくチェックしてビジネス英会話サービスを活用していきましょう!

スポンサーリンク

英文を書くのに自信のない私が英文添削Mainichi Tensakuについて考えてみる

英会話に関してはそこそこ自信のある私ですが、ちょっとしたメールのやり取りならともかく、書類の作成など文字の表現・文法に関してはあまり自信はありません。

日本語の表現ならネットで調べれば検討がつきますが、自国語以外の文字でのやり取りですと表現が正しいのかどうか分らない。そんな困った時に的確なアドバイスをくれる相手がいれば心強いなぁと思う事があります。

英会話レッスンの運営元「ビヨンド・ビジネス・ジャパン」さんが提供している英語添削サービスMainichi Tensakuについて紹介を頂いたので私の視点で紹介してみようと思います。

 

英語添削サービスを利用する3つメリット

英語を添削してもらうメリットはズバリこの3つに集約されるでしょう。

①より自然な表現を身に付けられる
ネイティブの先生に自分の文章をみてもらう事で、別な表現だったり、その場に最適な言い回しを知る事が出来ます。

また、自分では大丈夫と思っている文章も、ネイティブからすれば見当違いだったり誤解を招く事もあります。

より自然な表現をしたいのであれば、ネイティブに聞くのが一番早いですよね。

②時間の節約になる
ネットや辞書など自分で調べて、文章を見直す手間が無くなります。

「この表現良いのかな?」「単語は?文法は?間違いないだろうか?」

文章を作っていると浮かんでくる疑問を自分で調べているときりが無いもので、添削サービスに回しておけば一発で正解が送られてきますので、時間とエネルギーの大幅節約になります。

③安心感が手に入る
英語圏で仕事をしている日本人でも、日常のコミュニケーションはともかく、重要な書類作成では細心の注意を払って文章を作成しています。
履歴書や昇進に関わる書類・レポート作成、取引先との契約関連など。

日本人が日本語で重要な書類を書く時ですら、日本語の表現を見直したり、調べたりするのですから、自国語ではない英語で重要な書類を書くとなれば、表現が正しいのか誤っているのか自分では判断しにくいものです。

しかも、自分で調べても一抹の不安は残ります。

しかし、ネイティブの先生に正しい表現に訂正してもらえた文章ならどうでしょうか?
文章の誤りに築けますし、もし間違いが無かったとしても、ネイティブに見てもらったという安心感が手に入りますよね。

 

英語添削サービスを利用する2つのデメリット

あえてデメリットも考えてみました。が、これはサービスを利用する上で当然といえば当然のものですよね。

①依頼をする手間が掛かる

お金を払って利用しますので友達に「ちょっと聞きたいんだけど・・・?」なんて風に気軽に聞く事は出来ません。

依頼の手間はかかるのは仕方ないですが、大切な仕事の場合は手間を惜しんででも校正依頼する価値は大いにありますよね。

 

②お金が掛かる

お金は掛かりますが、料金体系は明確です。

レポート用紙1枚とか本一冊分など全文を依頼すると必要以上にお金がかかりますので、見てほしい英文をピックアップしてまとめて依頼すれば費用も抑える事が出来ます。

 

Mainichi Tensakuを使う3つのメリット

数ある英語添削サービスの中でもMainichi Tensakuを使うメリットがこの3つです。

①土日祝日も対応

人によっては土日に校正してもらって平日に手元に欲しいかも知れません。

平日はもちろん土日も対応してくれるのはとても助かります。

②納期がスピーディ
納品は早ければ3時間。

重要な文章ほど早く納品したり仕上げて気持ちをスッキリさせたいものです。

納品に数日かかるところもありますので、これは有り難いですよね。

 

③依頼が簡単
会員登録など面倒な登録作業は不要。
所定のフォーマットに従って必要事項をいくつか記入し送信するだけです。

メール送信後、スタッフから見積金額や納期を提示してきますので、問題なければ支払いをすれば校正を始めてくれます。
支払方法はペイパルもしくは銀行振り込みの2通りです。

 

気になる点が少し

Mainichi Tensakuのホームページは内容がシンプルでとても分かりやすいですが、ちょっとシンプルすぎる気がします。

なかでも、この1点に関して気になっています。

 

・校正している人は誰なのか
ネイティブに校正してもらえるのはありがたいですが、校正している人はどんな人なのでしょうか?
素性の分らない人に重要な文章を任せるのは少し不安が残りますよね。

校正を担当している人の学歴だったり、得意な分野など校正を任せられるだけの実績があると、サービスを利用しやすくなるのではないでしょうか。

 

まとめ

私は英語を添削をしてほしいと思うような場面に出くわしたことは無いのですが、人によっては英語の表現をチェックしてほしい!という人もいると思います。

実際、私の友人は昇進をかけた書類作成の時に、英語スクールの先生に内容を見てもらっていました。

伝えたい事、表現したい事が間違って伝わったりするのは、発信する側・受け取る側の双方にとってとても残念な事です。

英文添削サービスは気軽に利用できるものですので、試しに利用するとか、ブクマしておくなどしておくと良いですね。

 

公式サイト→英文添削サービスMainichi Tensaku

スポンサーリンク

英会話文法に参考書は不要?文法は〇〇に過ぎない!

英会話を学ぶ人にとって文法が苦手分野の人もいると思います。

文法は英語の本を読むときには役立ちますが、口語の英会話の場合はあまり重要でないと考えています。

 

もともと文法が苦手で避けていたのもありますが、文法ができなくても英語はそこそこ通じることに気付いたからです。

ですので、私は文法を学ぶために勉強をしたことはなく、話したいことを言うために文法をその都度インプットしていきました。

 

今回は英会話にとって文法は神経質にならなくていいよ、ということをお伝えしようと思います。

 

英語の文法はスポーツで言えばルール

たとえば、サッカー選手がルールブックの内容を丸暗記したり、熱心にノートに書き写していてプレイが上手になるでしょうか?

 

「将来はサッカー選手になるんだ!」と夢見るサッカー少年が、自宅で熱心にサッカーのルールブック読んでいても上手くなれませんよね。

 

サッカーのルールに詳しくなれますが、選手には一緒なれません。
なれるのはサッカーの審判です。

 

サッカーが上手になりたきゃ練習やれよ!
とツッコミを入れたくなると思います。

 

サッカーのルールが分からなくてもやりながら覚えれば良いですし、
ルール違反したら次から違反しないように気をつければ良いですよね。

 

英会話の文法はスポーツのルールと同じことです。

 

主語は最初、動詞はその次、

進行形は動詞を~ingにする、
助動詞はそれぞれニュアンスが違う、

英語には英語のルールがありますが、
最初から最後まで全部を覚える必要はありません。

 

覚えても忘れてしまいますし、いつ使うのか、いつ出番が来るのか分からないような表現を暗記していても退屈してしまいます。私が飽き性だったのもありますが・・・。

 

ですので、私は知らない文法や熟語に出会った時だけネットや参考書で調べるようにしていました。

そして新しく覚えた文法や熟語などは実生活や英会話のレッスンなどで使ってみよう!と意識していました。

 

 

英会話超初心者が文法ばかり勉強した先にあるもの

私がアドバイスした人に英文法の知識や語彙は十分にあるのに、英会話は全然ダメな人がいました。

 

理由を聞いてなるほどと思ったのですが、知識が先行し、正確に言おうとすることにこだってしまい、かえって言いたいことが言えなくなっている様子でした。

 

「今の表現はちょっと文法がおかしいな」

「こう言いたいんだけど、ニュアンスが違うから適切な英文が作れない」

そんな高尚な悩みを抱え、

「言いたいことを言うにはまだ表現力や語彙が足りない」と言って、

参考書を向き合う日々になるのだそうです。

 

 

英会話を始めたばかりの人は、英文法にこだわらずにどんどん声に出して話す練習をお勧めします。

頭でっかちになって行動できなくなって、英会話上達が遠のくくらいなら、

失敗してその都度、知識をインプットしていく方が早いと思います。

 

参考書をガッツリやり込めば

TOEICや英検の点数は上がるかもしれませんが、

英会話力は一向に磨かれません。

 

 

文法は英会話をやっていくうちに

自然と触れる回数は増えていきますから、

最初からガリ勉しなくてOKです。

 

 

文法はあくまでルール。

 

勉強を熱心にやることはとても素晴らしい事です。

でも、英会話をできる様になることが目的ですから、

方向を間違えて英文法オタクにならないようにしたいですね。

 

 

スポンサーリンク

無駄一切なし!日常英会話に必要な単語の効率的な探し方

日常英会話を取得するのに必要な英単語数は?と聞かれると私は答えに困ってしまいます。

 

1000個と言って、1000個覚えれば話せるわけでもありませんし、10000個覚えても話せない人は話せません。

 

そもそも単純な暗記はとても大変ですし、労力の割には忘れやすいのです。

今回は日常英会話に必要な英単語を効率良く探す方法をご紹介します。

 

日常英会話を使いこなすために必要な英単語数

これにはいろいろな統計データが出ているため、1000個とか、800語でOKとかいろいろな意見があります。

 

言語学者のチャールズ・オグデンはコミュニケーションに必要な英単語は850という結果を発表し、OGDEN’s BASIC ENGLISH Word Listにまとめています。

 

サイトをみると、accountやeye ,bookなどどれも目にしたことがある単語ばかりです。

ということは、私たちは義務教育の過程で日常英会話に必要な英単語はそこそこインプットできているということが分かります。

 

別な意見を挙げると、ディビット・セインさんは「100語あれば話せる」と言っています。

 

実際のところ、日常英会話に必要な英単語がいくつ必要なのか分かりません。

 

しかし、日常英会話をするのに必要な英単語を私たちは結構知っているし、1000語も必要なさそう、ということに気付くことが出来ます。

 

自分に必要な英単語の探し方

では、オグデン氏のリストに載っている英単語を覚えれば良いのかというとそうではないと思います。

また、やみくもに100語覚えるのも効率が良くありません。

 

それは、英単語帳で単語を覚えたり、ネットで「日常英会話 必須単語」などと検索して、単語を覚える事と大して変わらないからです。

 

長い目で見れば英単語を沢山インプットできるので有効な手段ですが、いつ使うかどうかも分からない英単語も中には混ざっています。

 

使わない英単語を覚えるのは労力がもったいないですし、何の考えも無しに気合だけで英単語をひたすら覚えるのは賢い方法ではないですよね。

 

もっと効率の良く自分に必要な日常英会話の単語を探す方法があります。

 

身近な物事の名前を英語で覚える

英単語帳やネットの検索エンジンなどはいったん脇に置いて、自分の身の回りの事に目を向けてみましょう。

たとえば、あなたの部屋をぐるっと見回した時にいろいろなものが目に入ってくると思います。

 

机、いす、パソコン、CDプレイヤー、スマートフォン、ソファー、ベッド、クッション、テーブル、コーヒーカップ、クローゼット、ドア、本棚などなど、、、。

 

こういったものを英語で言えるでしょうか?

もしくは綴りを書けるでしょうか?

 

身の回りの物を見回してみると、あなたの日常生活に必要な英単語は見えてくると思います。

 

少し英語を勉強している人ですと、身近なものの英単語はすでに知っているかもしれません。

 

そうしたら、今度は自分自身の1日の行動を俯瞰してみることをオススメします。

 

たとえば、起床する、目覚まし時計を止める、歯を磨く、朝食を食べる、服を着る、靴を履く、出社する、メールを●●さんに送る、ミーティングに出る、、、いろいろな行動をしていますよね。

 

こういった動作は英語で表現できるでしょうか?

 

自分の身の回りのものや動作に目を向けてみると、あなたに必要な英単語が沢山出てくると思います。

これらの単語はあなたと関係のあるものですから、覚えておいて損はありませんよね。

 

そして、身近なものや自分の動作などに関して、「これ何て言うのかな?」「つづりが分からない。」という時に辞書や単語帳、ネットを使って調べれば良いのです。

 

 

英語習得のヒントはみのまわりに沢山転がっていますので、ぜひやってみて下さい。

 

 

英単語の忘れにくい覚え方についてはまたの機会にご紹介しようと思います。

 

 

スポンサーリンク

なぜビルゲイツ氏は外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じたのか?

こちらのニュースをご存知でしょうか?

私にとって意外でしたが、世界一の大富豪も私たちと同じような身近(?)なことで後悔しているのですね。

 

ニューヨーク(CNNMoney) 米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(59)が28日、「外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じる」と発言した。

ゲイツ氏は同日、ソーシャルサイト「レディット」のチャットに登場。「高校でラテン語とギリシャ語を履修してA評価を取り、語彙の助けにはなっているはず。それでもフランス語かアラビア語か中国語ができたらと思う」と打ち明けた。

さらに「このうち1つでも学ぶ時間が欲しいといつも思っている。多分フランス語かな、一番簡単だから」と述べ、「マーク・ザッカーバーグ(フェイスブック最高経営責任者=CEO)が中国語を学んで中国の学生の質問に答えたのはすごいことだと思う」と称賛している。

ザッカーバーグ氏は北京を訪問した際に大学生の質問に中国語で答え、堪能ぶりを披露していた。

一方、ゲイツ氏の中国訪問では、習近平国家主席との会談でも、ウォーレン・バフェット氏と北京のアイスクリーム店に立ち寄った時も、英語しか話せなかった。

ゲイツ氏は8000億ドル(約9兆円)近い資産を持つ世界一の富豪。2008年にマイクロソフトの経営の一線を退き、昨年には会長職からも退任した。時間はたっぷりあるはずだ。CNNより

 

なぜビルゲイツ氏は外国語を何も知らない自分は本当に愚かだと感じたのか

ビルゲイツ氏がどうして外国語を全くできない自分を愚かだと思うのか、それは記事には記載されていませんでした。

記事から推測するに、ビルゲイツ氏は外国語をできない自分に負い目を感じているのではないかと思います。

 

これは私自身の体験ですが、私が英語を話せなかった頃は海外旅行先、留学生との会話などは英語ぺらぺらの友達に頼りっきりでした。

 

「あの人なんて言っているの?」

「こう言いたいんだけど伝えてくれる?」

 

こんなセリフを吐く自分がとても情けなく感じました。

 

仲の良い友達が私の知らない言葉(英語)で外国人と会話している。

 

私は英語を流暢に話す友達の姿を見て、自分の無力さや友達への尊敬の念など、何とも言えない劣等感や寂しさを感じたことを覚えています。

 

 

ビルゲイツ氏はザッカ―バーグ氏が北京語で現地の学生の質問に答えている姿を見て、どんな感情を抱いたのでしょうか。

 

同じビジネスマンとしての尊敬もあれば、ビルゲイツ氏自身がまだ外国語を話せないことの焦りや劣等感などもあるかもしれません。

 

合理主義で知られるビルゲイツ氏ならば外国語習得に時間を割くくらいなら通訳を雇った方が早い、と言いそうです。余談ですが、ホリエモンこと堀江貴文氏はそのような考えでした。

 

ビルゲイツ氏がどのような心境で外国語を全くできない自分を愚かだと思うと語ったのか、その真意は分かりませんが、感情的な理由でそう語ったのではないかと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

パッと言える?日常英会話に必須の相槌(あいづち)フレーズ①

日本語に限らずあいづちは会話には必須のフレーズです。
どれも簡単なフレーズですが、パッと反射的に言えるでしょうか?

 

相づちのフレーズをシチュエーションごとに分けてみたので、知らないフレーズがあれば覚えていきましょう。

 

同意、賛成するとき

That’s right!
(その通りです!)

That’s good!
(それいいね!)

That’s fine!
(それで結構です!)

No problem!
(問題ありません!)

Yep/Yeah!/Yes!
(そうだね!)

Exactly.
(その通り)

I like that!
(それいいね!)

 

相手の考えに軽く同意するとき

I think so.
(そう思います。)

Maybe/Could be
(たぶんね)

Fair enough.
(まぁいいでしょう。)

 

相手の依頼にOKをするとき

Of course.(もちろん)

Sure.(いいですよ)

 

相手の言っている事が理解できたとき

I see.
I understand.
I got it.
(わかりました。)

 

相手の言っている事を断るとき

No way.
Never.
「いや!」とハッキリ意思表示するときに使うフレーズです。
日本人特有の曖昧な断りは相手の誤解を招くのでハッキリ言ってしまうのがお互いの信頼関係つくりができます。

 

好ましくないことに答えるとき

That’s bad.
(残念だね。)

That’s terrible!
(それはひどいね)

That’s too bad.
(本当に嫌だね)

 

少し驚いたとき

No way!(まさか!)

Come on!(え~!)

No wayは「いやだ!」と断りのフレーズでもありますが、ちょっと疑ったりするときにも使えます。

 

驚いたとき

Really?(本当?)
Is that right?
Is that true?

You must be kidding!?(冗談でしょう?!)

 

「へぇ」とうなずくとき

Uh-huh.

Uh-huhの一言ですが「アーハン」「ンーフン」など話す人によって言い方は違いがあります。

 

少し考えたい、言葉が出て来ないとき

Well・・・/Let me see
(ええっとね、、、)

Let me think.
(考えさせて)

言葉につまったり、何を言おうか考えている時など、間を作りたいときに役立つフレーズです。

 

褒めたり、相手の成果を喜ぶとき

Good job!
(よくやった!)

You did it!
(やったね!)

 

他にもいろいろありますので、それはまた後日ご紹介しようと思います。

 

あいづち練習のポイントは、

気持ちを込める事
50回は声に出してみる

です。

 

また、テレビを観たり、ラジオを聞きながら英語であいづちを打ってみるのもお勧です。(恥ずかしくなければ)

 

 

あいづちは考えて口に出す言葉ではなく、パッと出てくるものなので、
実際の会話でも「え~~っと、イイねってなんていうんだっけ?」と
考えない様に反射的に言えるように練習してみてください。

 

 

スポンサーリンク

Youtubeで英語の勉強 厳選スピーチ3つ

youtube動画で英語を勉強する方法は数年前からありましたが、私としては偉人のスピーチを観るのが気に入っています。表現がシンプルで分かりやすく、同時に人生の学びにもなるからです。

 

お気に入りの動画はいくつかありますが、その中でもお勧めのものをご紹介します。

 

スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学で行なわれた卒業式スピーチ

スディーブ・ジョブズが2005年6月 スタンフォード大学卒業式で行われた伝説のスピーチ。彼の生い立ちや失敗・敗北の経験、人生哲学が語られています。スピーチの締めくくりの言葉「Stay hungry,stay foolish」はあまりにも有名。

偉人の名言にはとても勇気づけられますが、動画となると言葉一つ一つが胸に届き、観ているだけでエネルギーが内側から沸き起こってきます。

 

 

 

ランディ・パウシュ「最後の授業」

カーネギーメロン大学の教授にして、バーチャルリアリティの第一人者と称されたランディ・パウシュ。46歳。膵臓から肝臓へと転移したガンにより「余命3ヵ月から半年」と意思から宣告されていました。

大学に別れを告げざるを得なくなったパウシュは最後に学生向けに「子どもの頃からの夢を本当に実現するために」と題した最後の授業を行ないます。しかし、これは幼い我が子へ遺すメッセージだったのです。

 


 

 マララ・ユスフザイ 国連スピーチ

史上最年少でノーベル平和賞を受賞したパキスタン人のマララ・ユスフザイさんによる2013年7月12日 国連総本部スピーチ。彼女の言葉はシンプルで力強く、聞く者に勇気を与えてくれます。

 

 

今回はここまで。また面白いものがあればご紹介しようと思います。

 

 

スポンサーリンク

高額英会話教材を半額以下で購入する方法

今回はあまりお勧めしませんが、高額の英会話教材を安く(運がいいと半額以下で)入手する方法をご紹介します。

やるのであれば自己責任の上でお願いしますね。

 

オークションサイトなら半額以下でも購入可能

とてもシンプルな方法ですが、オークションサイトなら中古品ですが高額英会話教材でも半額以下で入手することが可能です。

もちろん入札ラッシュで定価とほぼ同じになるときもありますし、運がいいと即決で定価の6、7割で入手する事も出来ます。

あのスピードラーニングも定価20万円ほどですが、オークションだと10万円以下で買う事も出来ます。
(10万円でも1万円でも私はいらないですが・・・)

中古品なので品質を心配されるかもしれませんが、英会話やリスニングをメインにした音声教材であれば中古品でも問題なく利用できるので、教材を安く購入したい場合にはオークションは便利です。

実は、私は1つ2~5万円の英会話教材をYahoo!オークションでいくつか入手したことがあります。

お金は払いたくないけど、教材の中身が気になる、、、そんな思いでオークションを定期的に見ていると、たまに気になる教材が見つけることができます。

 

英会話教材を中古品で入手する事の落とし穴

オークションサイトならば1つ数万円もする英会話教材を正規価格以下で購入できるのですから金銭的な負担は減らすこと出来ます。

ちょっと試してみたいという場合には大変便利ですが、1つだけ忘れてはいけないことがあります。

それはオークションなど正規ルート外での購入者はサポート対象外であるということです。

当然のことですが、教材販売会社が顧客ではない人にサポートはしませんからね。

非正規ルートで購入した人が電話やメールでサポートの依頼をしても、その人の顧客情報は販売会社には登録されていないので、対応してもらうことはできないでしょう。

教材は入手できても一番大事なサポート部分が受けられないので、結局自分1人で勉強を進める事になってしまいます。

すぐれた高額教材でもサポートを受けることが出来ないと、教材の価値を半分しか得られないのと同じようなものですよね。

中を見てみたい程度であればオークションで探してみるのも良いですが、実際に勉強をするときは新品の購入をオススメします。

 

高額英会話教材と安い教材の違い

高額英会話教材と数千円の安い(安めの)教材との違いを比べた時に、高額英会話教材にしかないものがあります。

 

それは、
・独自のメソッド(●●教授の理論や記憶法など)
・購入後の電話、メールサポートなど
・品質保証や返品返金保証

などです。

 

書店で販売されている英会話教材・書籍は、購入したら後は自分で学習を進めていきます。
分らないことは辞書や参考書、ネットなどで調べます。

購入したらあとは自助努力で勉強していくわけです。

 

これに対して、数万円する高額の英会話教材は人によるサポートも商品に含まれているので、サポートの人件費が教材代に上乗せされています。
分らないことがあれば販売会社に電話やメールなどで問い合わせ可能で、さらに勉強方法や悩みに関して的確なアドバイスも貰うことが出来るわけですね。サポートする人は販売会社のスタッフの時もあれば、教材を作った本人からアドバイスを貰えることもあります。(この違いは教材によりけりです)

 

その他にも、CD音声の品質や起用する外国人の語学レベルなども加味されています。

さらに〇〇教授の独自の学習方法、理論が加わると、その特許や理論の使用料なども教材代に上乗せされてきます。

このように人件費や製作費、独自の方法などが加わって1つ1万円、3万円と高めの教材費用になっているのです。

 

もちろん、高ければ優れた教材、安い教材は悪い、ということはありません。
数千円のものでも大変勉強になるものは沢山あります。

 

値段には手厚くサポートされているかどうかの違いが数字として反映されている、ということなのです。

しかし、そのサポートも中古品で教材を入手すると帳消しになるのでくれぐれもご注意して下さいね。

 

 

スポンサーリンク

洋画を楽しみながら英語勉強をする4つのステップ

私の知り合いにフランス人女性がいるのですが、彼女は日本のアニメ・マンガが好きすぎて、フランス語翻訳版を何度も見ているうちに日本語を覚えてしまったそうです。しかも、誰かに教わるわけでもなく完全独学で日本語を習得し、日本にやってきたというのです。

 

「あぁ、これがフレンチジョークね(謎)」と最初は軽く受け止めていました。
そもそも、学習と娯楽を掛け合わせた夢のような語学学習があるわけないと。

 

そう感じたのは理由があって、私は大好きなアニメを海外違法サイトでポルトガル語の字幕付きで視聴していましたが、まっっったくポルトガル語を話せなかったからです(泣)

 

唯一、覚えているのは
「obrigado(オブリガード)」
ありがとうの意、です(笑)

 

最初は疑いながら彼女の勉強方法を聞いていましたが、「確かに日本語力は身に付くだろうなぁ」というやり方を実践していました。

 

好きな洋画や海外ドラマを観ながら英語力も磨きたい、と考えている方は沢山いると思いますので、今回は彼女の勉強方法を参考にして「洋画を楽しみながら英語力を磨く4つのステップ」と題してまとめてみました。

 

洋画を楽しみながら英語も勉強したい人は参考にしてみて下さい。

 

英語の勉強に使うDVDの選び方

勉強につかうDVDには1つだけ条件があります。

それは「日本語吹き替え、英語字幕」に対応していることです。

 

現在のDVDなら大抵のものは対応していますが、これが選択できないと以降の勉強方法が実践できません。

DVDを選ぶときに忘れずに「日本語吹き替え、英語字幕対応かどうか」をチェックしておいてください。

 

また、できれば好きなジャンル・好きな作品を選びましょう。

なんども繰り返し視聴するので途中で飽きてしまわない様にするためです。
楽しくないと続けられませんからね。

 

では、本題にいきましょう。

 

好きな洋画で英語力を磨く4つのステップ

 

step1. 日本語吹き替えで内容を覚える(日本語字幕でもOK)

step2. 日本語吹き替え+英語字幕で観る

step3.「日本語吹き替え+英語字幕」で1つのチャプターを何度も繰り返し観る

step4. step3のチャプターを「英語音声+日本語字幕」で繰り返し観る

 

それぞれのステップについてお話していきますね。

 

step1. 日本語吹き替えで内容を覚える(日本語字幕でもOK)

最初は内容を覚えるために日本語字幕で作品の内容を覚えます。

良く知っている作品であればここは飛ばしてもOKです。

 

step2. 日本語吹き替え+英語字幕で観る

字幕設定を変えて「日本語吹き替え+英語字幕」に変更します。

ここでは日本語が聞こえてきますが、英語の字幕に集中します。

 

step3.「日本語吹き替え+英語字幕」で1つのチャプターを何度も繰り返し観る

step2と設定は同じですが、今度は時間またはチャプターで区切って同じシーンを何度も繰り返して視聴します。できれば日本語吹き替えのセリフを覚えるくらいにリピートします。

 

step4. step3のチャプターを「英語音声+日本語字幕」で繰り返し観る

最後に仕上げです。step3と同じことやりますが、字幕設定を「英語音声+日本語字幕」にして繰り返し視聴します。

 

洋画1本を何度も繰り返し視聴して練習する方法もありますが、こうして同じシーンを繰り返し観て、英語のセリフに対応する日本語をどんどん覚えていく方法が一番効率的です。

 

洋画で英語を学ぶメリットは3つ

洋画を見ながら語学学習をするとストーリーとセットで英語を覚える事ができます。また、視覚的な情報も得ながら勉強できるので記憶の定着率も良くなります。

その他にも洋画で英語を学ぶメリットはたくさんあります。

 

1.英語特有の表現を覚えられる

たとえば「型破り」は「off the wall」と表現しますし、土砂降りは「It’s raining cats and dogs.」と表現します。

こういった思わず「へぇ~~。」とうなってしまう表現と出会えるのは洋画ならではです。

 

2.楽しみながら勉強できる

英語そのものを学ぶこともできますが、当時の時代背景や文化に対する知識も深められるので教養も身に付きます。

 

3.趣味と実益が同時にできる

映画鑑賞が趣味で、ゆくゆくは英語を話せるようになりたい人には最適な勉強方法です。

英語スキル(実益)と映画鑑賞(趣味)の両方を同時に行えますので、効率の良い時間の使い方ですよね。

 

英語の勉強はコツコツやるものですから、楽しみながら継続できるというのは勉強方法として優れていると思います。

 

この勉強方法は良い事ばかりのようにも見えますが、見方を変えると別な側面も持っていることを忘れてはいけません。

 

 

英語字幕で勉強するのは英会話を最短で話せるようになる方法とは真逆の勉強方法

コツコツと字幕映画を鑑賞し、セリフを覚えていけば語彙は増え、英語を話せるようになる日が来るかもしれません。

 

しかしながら、これは「すぐに英会話を話せるようにする訓練」ではなく、「知っていると役に立つだろう表現」を覚えていることと大差ありません。
効率を求めるなら頻出フレーズ集を買って読んでいる方がマシです。
(楽しくないかもしれませんが)

 

洋画を観ながら英語力を磨く勉強方法が有効な人を挙げるとするならば、
英語学習が趣味程度の人、
英語学習が苦痛な人、
差し迫った期限が無い人
こういった人たちでしょう。

 

この勉強方法を3ヵ月、1年継続して、仮に英語が話せなかったとしてもOKという人であればやってもいいかもしれません。効果は出にくいかもしれませんが、2年、3年と長いスパンで継続すれば幅広い表現力を身に付けていますから。

 

私も趣味で洋画は観ていますし、英語の表現を参考にすることもありますが、「へぇ~」「なるほど」で終わる事があり、覚えたことを使うシーンはなかなかありません。「この表現知っておくと役立つかもしれないかな」というスタンスです。

 

仮に英語が話せなくてもいいから英語を楽しみながら勉強したい人には、私はこの勉強方法を勧めたいと思います。

 

ですが、もし、英語を実生活で使えるレベルを目指したいのであれば「自分式」の勉強方法の確立を勧めることに間違いはありません。

 

その方が成長のスピードが早いですし、ご本人の為にもなるからです。

 

 

スポンサーリンク

即効で効果を出すための英会話学習方法

ハッキリした目的は無いけれども将来のために英語を話せるようになりたい、できれば即効で効果が得られる英会話学習方法が知りたい、このような相談を受ける事があります。

 

こういった相談をする人の心境は、「漠然とした将来への不安解消のために英語を学びたいのかな?」と私は考えています。

英会話学習は目的が大切!といったスローガンを英会話スクールや塾などで目にしますが、目的は必須ではないと思います。

 

なぜならハッキリした目的が無くても、英会話を学びたいという気持ちがあれば、後は本人の努力次第で英語を話せるようになるからです。

 

そこで、私はいつもこうアドバイスしています。

 

あなたの日常生活を全て英語に置き換える

たとえば「ホテルの予約をする」「飛行機のチケットを取る」といったお役立ちフレーズは知っていれば役に立ちますが、使うことがなかなかありません。

旅行に行くときくらいですよね。ですので、旅行のような非日常的なフレーズを覚えても即効で効果を感じる事は出来ません。

では逆に、あなたの日常とは何でしょうか?

ちょっと1日の出来事を振り返ってみましょう。

 

 

だいたいこのような流れではないでしょうか。

 

朝起きる
朝食&身支度を整える
バス・電車などで出勤
上司や同僚との会話・仕事の相談・ランチ
帰宅
夕食・家族との団らん
就寝

 

即効で効果を出す英会話はココにヒントがあります。

例えば1日のあなたの生活を客観的に眺めて、それを英語で説明できるようにしてみてはどうでしょうか。

 

「私はいつも7時30分に起きて、目ざましテレビを観ながら朝食を摂っています。」

こういった文章を英語に置き換えるのです。

 

他にもあなたが目にしたもの・会話したこと英訳してみてはいかがでしょうか。

駅で目にした電光掲示板「山手線 内回り 8時34分 渋谷着」って英語で何て言うんだろう?という風にです。

こういった練習は私が英会話を独学していた時にやっていたことです。

 

日常英会話を身に付けたかったら日常生活そのものを英語に置き換えれば良いのでは?と考えた結果生まれた学習方法です。

 

この気づきによって普段何気なく過ごしていた生活が日々学びの場へと一気に変化しました。

 

もちろん、学んだ事を実践する英会話の場所はご自身で探す必要があります。
私の場合は留学生相手にくだらない事でも積極的に話しかけて練習していました。

 

あなたの場合はどなたか練習相手になる人はいるでしょうか?
ネットを使えばverblingなど無料で英会話を学べる場所があるので探してみて下さい。

 

リスニング力や発音は即効で上達はできない

この学習方法に限った話ではありませんが即効性が期待できないものがあります。

それはリスニングや発音、さらにボキャブラリーです。

 

こういったものはスポーツで言えば基礎体力に相当し、1日2日では到底習得できるものではありません。

リスニングは何度も同じ教材を繰り返し聴いて英語に耳を慣らしていく事で、英語特有の現象(短縮、連結、同化、変形など)を聞き取れるようになります。

 

発音やボキャブラリーに関しても同様です。

口の形や舌の位置、さらに腹式呼吸などを意識して何度も発音練習を積み重ねて体で覚えていく事でネイティブのような発音へ近づけます。

 

ボキャブラリーはコツコツ貯金をするように日々の生活で出会った単語をインプットしていく事が大切です。

 

詰め込みは効率的ではありません。1日〇個と決めて毎日詰め込んでいっても最初の頃に覚えた単語はすっぽり抜け落ちていることが往々にしてあるからです。

リスニング力、発音、ボキャブラリー、こういった基礎トレーニングは続けてもなかなか効果が表れないので退屈かもしれません。

 

しかし、その薄い紙を積み重ねていくような継続が後にあなたに素晴らしいギフトとなって返ってくるのです。

 

今できる事を始めよう

英会話はやればやるほど成長を実感できる楽しい勉強です。
ぜひ今から出来る事を始めてきましょう。

 

「あなたの日常生活を全て英語に置き換える」
これはすぐにでも出来ますよね。

 

リスニングや発音、ボキャブラリーなど基礎トレは継続すればするほど効果を発揮します。

例えばボキャブラリーを磨きたいならまずご自身の英単語力を調べてみてはいかがでしょうか?

アルク 英語レベル診断テスト

 

イムラン先生のyoutube動画も毎日見ていれば語彙や発音、リスニングなどコツコツと実力アップできます。

「即効で英語を話せるようになりたい」、「目的は無くても英語を話せるようになりたい」と思ったのなら行動してみましょう。

 

即効で成果を出したいなら、即効で行動してみましょう。

 

応援していますよ。

 

スポンサーリンク