スピードラーニング

スピードラーニングの評価【検証とレビュー】

今回はスピードラーニングの教材の中身についてご紹介しようと思います。

 

膨大な音声教材とリアル交流を組み合わせた英会話教材

スピードラーニングの中身は全48巻からなる音声教材です。

また任意で利用できるのが電話レッスンと購入者限定でリアルで交流できる英会話イベントです。

英会話イベントはオフ会のようなものですね。

 

音声教材は1本当たり約80分、アメリカでの生活や文化などテーマにしたスキット(寸劇)が収録されています。

音声教材で英語をインプットし、電話レッスンやイベントで実践(アウトプット)できる言わば英会話の総合的教材ですね。

 

スピードラーニングの学習の進め方

スピードラーニングと言えば「聞き流すだけ」ですが、具体的にはどのようにして学習を進めていくのでしょうか。

スピードラーニングの学習の手引きを読んでみると、学習の進め方は次の3ステップにまとめられます。

 

ステップ1.準備

目的・目標を具体的に描く、環境・ライフスタイル作り

 

ステップ2.習慣作り

無理せず1日5分でもOK。100日間聞き続ける習慣を作る

 

ステップ3.目的に向かって進む

教材を聞く、英語を口に出す、仲間との交流

 

それぞれのステップについてご紹介していきます。

 

ステップ1.準備

ステップ1は「目的・目標を具体的に描く、環境・ライフスタイル作り」です。

英会話を習得して「いつ」「どこで」「誰と」「何をしたのか」を明確にします。目標を実現しやすくするために写真やスクラップブックを作って、日々それを眺める事を勧めています。語学留学ならカナダやオーストラリアの街並みの写真を飾ったり、行きたい観光スポットの画像をまとめるのも良いでしょう。

そして、目標達成しやすい環境作りやライフスタイル作りを行います。例えば空き時間はスピードラーニングを随時聞き流すようにしたり、モチベーション維持のために英語の本や雑誌、洋画などに触れるようにします。独学でもモチベーションを下げずに英会話学習を続けるための環境を整えるということですね。

 

ステップ2.習慣作り

ステップ2はひたすら音声を聴いて英語を頭にインプットします。それも100日間です。

人間は目的を定めて100日間何かを続ければ3年続き、3年続けば永遠に続けることができる、という定説に則っているようです。最初の100日間は教材をガッツリ聞かなくても良く無理せず聞き続ける事を推奨しています。5分でも良いので1日数回聞くだけでもOKだそうです。聞き続けていると次第に英語音声への抵抗がなくなり、長い時間でも聞き続けられるようになってきます。音声には日本語訳も英語のあとに出てくるので、聞き続けていくうちに英語だけでもストーリーが頭に入ってくるようになります。

 

ステップ3.目的に向かって進む

インプットに慣れてきたら、今度は少しずつアウトプットすることを意識します。

聞き取れた単語やフレーズだけでも真似して口に出していきます。早く人と話してみたい積極的な人は、ネイティブとの無料フリートークや実践を想定した電話プログラム(有料)を利用して英会話力を磨いていけます。他にもスピードラーニングユーザー同士で集まってコミュニケーションを取る参加型コミュニティで仲間作りをすることもできます。

実際に英語を話してみたり、仲間を作って、刺激し合うわけですね。

 

 

スピードラーニングは英会話習得に必要な材料を揃えている

「ステップ3.目的に向かって進む」でも触れたように、英語を話す機会も用意されています。

英語を話す機会の例としては、

・電話英会話サービス(月2回,1回5分程度)

外国人・バイリンガルスタッフとのフリートーク、リッスン&リピートという聞こえたとおりに真似する練習。

・イングリッシュカフェ

外国人スタッフや英語習得を目指す仲間とドリンク片手に交流できるイベント。

が挙げられます。

 

その他にも、場面を想定したロールプレイ、泊まり込みの合宿など購入者限定で参加できるイベントなど英語を話す機会は沢山用意されています。もちろん利用は任意ですが、英語は恥じと冷や汗の分だけ成長が加速しますので、英会話力アップしたいのであれば利用しない手はありません。

 

今まで私はスピードラーニング=聞くだけの教材だと思っていました。実際は、電話レッスンや英会話のイベントで実践もできるのですから「聞き流すだけ」の教材ではないことが分かります。

 

スピードラーニングはアメリカで暮らすことを前提に作られたような英会話教材

教材の内容を見る限り、スピードラーニングの学習が向いている人はアメリカで居住したい人だと思いました。

収録されている内容がアメリカ旅行に始まり、買い物や観光、さらにアメリカへの引っ越しや住民との挨拶といった日常会話、アメリカでの学校生活、結婚出産子育て、政治や文化といった分野にまで話が及んでいるからです。

 

全48巻のテーマを一覧にしてみました。
第1巻 日常英会話
第2巻 旅行の英会話
第3巻 日本へようこそ
第4巻 文化の違い
第5巻 家族、友達との会話
第6巻 フレンドシップ
第7巻 日本を説明する
第8巻 パーティー
第9巻 日本発見
第10巻 アメリカへようこそ
第11巻 人々の役割
第12巻 ニューヨーク、ニューヨーク
第13巻 教育
第14巻 レストランでディナー
第15巻 困っときの英会話
第16巻 ショッピング
第17巻 アメリカ到着
第18巻 アメリカの夏休み
第19巻 独立記念日
第20巻 博物館、美術館
第21巻 アメリカ西海岸
第22巻 ハロウィーンとサンクスギビング
第23巻 アトランタ
第24巻 クリスマス
第25巻 政治と私
第26巻 アメリカの学校生活
第27巻 ブロードウェイとジャズ
第28巻 ニューヨーク郊外生活
第29巻 アメリカでショッピング
第30巻 オレゴンでキャンプ
第31巻 新しい住居
第32巻 家族の和
第33巻 初めての異文化体験
第34巻 国際結婚
第35巻 異国での出産、子育て
第36巻 ハーフの我が子を見つめて
第37巻 日本の英語教育の行方
第38巻 外国に対する偏見か?
第39巻 日本に在住する外国人
第40巻 オムレツをつくるために(パート1)
第41巻 オムレツをつくるために(パート2)
第42巻 オムレツをつくるために(パート3)
第43巻 アメリカン・ドリーム(パート1)アトランタ
第44巻 アメリカン・ドリーム(パート2)ナッシュビル
第45巻 希望に向かって
第46巻 ロッキー山脈
第47巻 ニューメキシコ:魅惑の地
第48巻 カリフォルニア:二つの国を結ぶ橋

 

いかがでしょうか。

如何にもアメリカで暮らしたい人向けの内容といった感じですよね。

各教材の収録時間は60~100分程度です。平均して80分程度あります。日常生活から政治・文化までアメリカに関する様々な知識をインプットしながら英会話の練習ができるのですから、スピードラーニングはアメリカで居住したい人にはうってつけではないでしょうか。

 

スピードラーニングの値段は約20万円

全48巻の音声教材、そしてリアルで交流ができるアウトプットの場まで用意された英語教材は業界では珍しいですね。

教材費用はおよそ20万円掛かりますが、これは4年分のコストです。

1年で5万円、ということは毎月 約4000円程度ですね。

 

具体的には次のような内訳です。

 

初回セット 9400円
・無料の試聴用CD&体験談DVD
・教材第1巻・第2巻(各CD2枚組)

2ヶ月目以降 4300円

・教材各巻(各CD2枚組)

 

教材に加えて、スクリプトブック(台本)、会員誌が毎月届けられます。

 

20万円というと超高額な気がしますが、毎月4000円程度です。

 

 

結論:スピードラーニングで英会話習得は可能。しかし・・・

スピードラーニングで学習を進めていっても英会話の習得は可能でしょう。

1つの教材で全48巻におよぶインプット用教材、さらに練習の成果を試せるレッスンやイベントが用意されているからです。

リアルの場で英語の交流まで出来るのはスピードラーニングくらいですね。

英語教材としては完成度が高いと思います。

 

全巻届くのに4年もかかりますが、4年くらいの長期スパンでじっくり腰を据えて習得したいのであれば取り組みやすいのかもしれません。

しかし、全48巻も教材を揃えなくても英会話習得は可能ですし、そもそも英会話習得に4年も必要だろうか?と疑問が浮かびます。

 

もし私がスピードラーニングに4年の時間と20万円のお金をかけるくらいなら別な方法を選択するでしょう。

フレーズのインプット+オンライン英会話でインプットとアウトプットがもっと安く早く英会話習得できるからです。

 

ですので、もし、仮にですが私が英会話をゼロから学び始めるとしてもスピードラーニングを使う事はまず無いだろうなぁ~~と思います。

 

rankb

 

スポンサーリンク

スピードラーニングってどう?本当に英語が話せるようになるのか?

スピードラーニングと言えば、「聞き流すだけ」の英語教材です。

朝の身支度や通勤、家事、趣味、入浴中、睡眠前などの日常のあらゆるシーンで、ずぅっ~~と英語音声が耳に入ってくる生活を継続します。すると、いつしか英語が自然と口から出てくるようになるそうです。

まさに魔法のような教材ですよね。

今回は「聞き流すだけ」でお馴染みの人気英会話教材スピードラーニングについて私の考えを書いてみようと思います。

 

聞き流すだけで英語が身に付くわけない

「聞き流すだけ」の宣伝文句に魅かれてスピードラーニングを買った人には耳の痛い話かもしれませんが、英語音声を聞き流すだけで英語が身に付くことはありません。

 

厳しいことを言いますが、英語を話すための練習を時間をかけて正しい努力でやらなければ英語は一生身に付きません。

 

正しい努力と相応の時間、この2つが必須です。

 

例えば、いじめられっこA君が強くなりたくて、空手の通信教育で1人練習したところで喧嘩が強くなるわけないのと一緒ですよね。

A君は喧嘩に強くなったわけではなく、空手に詳しくなっただけです。

 

英会話ができるようになりたければ、積極的に声に出して英語を体に馴染ませていくことから始まります。さらに人を相手に英語のキャッチボールを繰り返しやっていく事でようやく上達できます。

 

そもそも、私たちは聞き流すだけでは英語が身に付かないことを経験済みです。

覚えていませんか?

 

私たちは中学、高校の6年間で英語の授業を聞き流していますよね。

ところが6年間の義務教育を修了したところで英語を話せる人はごく少数です。

 

有名人が宣伝している=優れた教材、ではない

スピードラーニングと言えば石川遼選手のイメージが強いかもしれません。「有名人が宣伝している英語教材だから良さそう!」と思って購入した方もいるのではないでしょうか。CMでも見かけますし、知名度が高いので無名教材と比べると購入しやすいかもしれません。

 

石川選手のインタビュー動画を見ると英語を流暢に話しているのですが、英語を話せる人が見るとスピードラーニングっぽい英語でないことが分かります。

 

スピードラーニングで学習したなら丸暗記のお堅い英語のハズです。ところが、石川選手は結構崩した実践的な英語を話しているので、スピードラーニングで英語を習得したわけではないことが想像できます。

 

そもそも海外で活躍するスポーツ選手がスピードラーニングでのんびり聞き流すだけのような学習をしているわけありませんよね。マンツーマンの講師を付けて実践的な英語のレッスンを受けていることは容易に想像できると思います。

 

学習法のトレンドに流されてはいけない

日本は「英語教材天国」と言われるほど英会話が出来なくて、英語教材市場が最も大きいと言われています。

英会話の正しい勉強法を知らないばかりに残念ながらトレンドに流されてしまう人が後を絶ちません。

例えば、「聞き流すだけ」「インド式」「サンドイッチメソッド」「特殊な周波数がどうこう・・・」「〇〇式英会話」「頑張らない英会話」など、、、。

一見凄そうな勉強方法や革新的な勉強方法に目移りした経験もあるのではないでしょうか?

それらの勉強方法が悪いとは思いません。しかし、あれもこれも教材に手を出すのが時間の一番の無駄です。

教材と勉強する人には相性があるので、相性が合わずに挫折してしまったり、劣等感を感じてしまうことがあります。

 

聞き流すだけの生活に人はどこまで耐えられることが出来るのか?

スピードラーニングの核とも言える聞き流しですが、音声教材はかなりのボリュームです。

音声教材1本につき約80分、合計48巻にもわたる音声教材が毎月1本ずつ届けられるのです。

つまり4年間もCDが送り届けられ、聞き流す生活を営むことになるのです。

4年間もモチベーションが続く人がいるのでしょうか。

 

音声教材がどんな内容か簡単にご紹介します。

第1巻 日常英会話
第2巻 旅行の英会話
第3巻 日本へようこそ
第4巻 文化の違い
第5巻 家族、友達との会話
第6巻 フレンドシップ
第7巻 日本を説明する
第8巻 パーティー
第9巻 日本発見
第10巻 アメリカへようこそ
第11巻 人々の役割
第12巻 ニューヨーク、ニューヨーク
第13巻 教育
第14巻 レストランでディナー
第15巻 困っときの英会話
第16巻 ショッピング
第17巻 アメリカ到着
第18巻 アメリカの夏休み
第19巻 独立記念日
第20巻 博物館、美術館
第21巻 アメリカ西海岸
第22巻 ハロウィーンとサンクスギビング
第23巻 アトランタ
第24巻 クリスマス
第25巻 政治と私
第26巻 アメリカの学校生活
第27巻 ブロードウェイとジャズ
第28巻 ニューヨーク郊外生活
第29巻 アメリカでショッピング
第30巻 オレゴンでキャンプ
第31巻 新しい住居
第32巻 家族の和
第33巻 初めての異文化体験
第34巻 国際結婚
第35巻 異国での出産、子育て
第36巻 ハーフの我が子を見つめて
第37巻 日本の英語教育の行方
第38巻 外国に対する偏見か?
第39巻 日本に在住する外国人
第40巻 オムレツをつくるために(パート1)
第41巻 オムレツをつくるために(パート2)
第42巻 オムレツをつくるために(パート3)
第43巻 アメリカン・ドリーム(パート1)アトランタ
第44巻 アメリカン・ドリーム(パート2)ナッシュビル
第45巻 希望に向かって
第46巻 ロッキー山脈
第47巻 ニューメキシコ:魅惑の地
第48巻 カリフォルニア:二つの国を結ぶ橋

 

すさまじい量ですよね。

各教材の収録時間は60~100分程度です。平均して80分程度あります。

朝の身支度や通勤、家事、趣味、入浴中、睡眠前などスキマ時間を使って聞き流していれば1カ月で何回も繰り返し聞くことはできるでしょう。

しかし、4年間も聞き流し生活を続けるのは至難の業だと思います。人のモチベーションは4年間も継続できるのか疑問が残ります。よほど硬い意思でもなければ継続は困難ではないでしょうか。

 

スピードラーニングの値段は約20万円

スピードラーニングの教材は全部で約20万円かかります。

4年分の教材代ですから1年で5万円、毎月 約4000円程度ですね。

具体的には次のような内訳です。

 

初回セット 9400円

・無料の試聴用CD&体験談DVD

・教材第1巻・第2巻(各CD2枚組)

2ヶ月目以降 4300円

・教材各巻(各CD2枚組)

教材に加えて、スクリプトブック(台本)、会員誌が毎月届けられます。

 

私は1教材に20万円もかけるのは高い、と感じました。

1教材に20万円も払うくらいならリスニング強化用の教材やオンライン英会話レッスンなど目的に応じて20万円を振り分けたいと思います。

 

 

結論:英会話習得に4年の月日をかける必要はない

私の経験になりますが、英語で不自由なくコミュニケーションを取れるレベルを目指すのであれば3ヵ月から6ヶ月で十分可能です。4年間ものんびり勉強させる教材の目的ってなんだろう?って思ってしまいました。

 

俳優の渡辺謙さんは英語のマスターに1年もかかっていませんし、長澤まさみさんもショコラ出演の際に中国語を2週間で学び、監督や現地の共演者が驚くほどのレベルに達しています。

私たちと違って役者さんは仕事ですから学習の環境が整っていることはもちろん承知しています。

(でも環境を言い訳になりませんよね)

 

しかし、4年間も聞き流す教材って、勉強の仕方が明らかに間違っているような気がしてなりません。あえて時間のかかる遠回りの勉強のさせ方をしているように見えてしまいます。スピードラーニングと銘打っている割に、スローなラーニングですよね。

 

そもそも私たちは英語を勉強したいのではなく、キャリアップだったり異文化交流だったり、海外旅行をもっと楽しみたいなど英語を1つのツールとして人生を豊かにしていきたいのです。

ですから、のんべんだらりと聞き流している暇なんでないのです。

もし私の友人がスピードラーニングを購入しようとしていたら全力で阻止しているでしょう。

 

rankb

 

スポンサーリンク

1000時間ヒアリングマラソンはじめました

私は自己紹介でちらっとお伝えしたように、英語学習の偏食ともいえる偏った学び方をしていました。

 

大学の研究室時代に英語を使わざるを得ない状況になってしまったので、

実験や研究分野に関する英語に特化して勉強し、英会話をできるように練習したのです。

 

文法や発音など細かいことは気にせず明日使う会話のために英語を勉強しました。

 

その甲斐あって3か月程度で実験に関することは、

英語でもコミュニケーションできるようになりました。

 

 

その時、1つの分野に特化して勉強する事の威力を体感したのですが、

実は1つの弱点があったのです。

 

自分の成長度合いをすぐに実感できる反面、

「small talk」つまり、間話や雑談となると語彙の少なさを痛感するのです

 

 

例えば、こういう会話がめちゃくちゃ苦手だったのです。

 

What is the national dish of 相手の出身国?
(相手の出身国)の国民食(代表的な料理)はなんですか?

 

What do you do when you you have a free time?
(時間のあるときには、何をなさっているのですか?)

 

雑談力の英語バージョンといったところです。

 

 

もっと英会話を上達させたい、

いろんな話題で英会話をしたい、

、、、となると語彙力アップは避けて通れません。

 

 

かといって、ボキャビルや速読英単語のような単語をギュッと圧縮して学ぶのは苦手です。

そこで、ずっと気になっていた教材、1000時間ヒアリングマラソン始めました。

 

 

1000時間ヒアリングマラソンの存在を知った時、テンションが上がった

英語教材は安くても1万円はしますし、高いものは5万、20万円の世界です。

 

私は、お金を出して買うならば英会話の実力を上げたいですし、さらに教養も身に付けたいと思っていました。

 

英語で日常会話を不自由なくできるようにするには、ボキャブラリーは当然ながら教養も必要だからです。

 

この場合の教養とは英語圏の文化的背景ですね。

 

有名な教材(エブリデイイングリッシュやエルマーなど)でも繰り返し練習すれば英会話の実力は身に付きます。

 

しかし、これらは同じスキット(買い物、ホテルの予約など)、同じ題材(海外旅行、海外のニュースなど)を繰り返し練習する教材です。一度購入したら、ずっと同じスキット・同じ題材を反復練習するのです。

 

 

これはドラゴンボール第一巻を何度も何度も読んでいるようなものです。

第一巻の内容はセリフを丸暗記できるくらい詳しくなっても、その先の展開は分らないのです。

いくらドラゴンボール好きの人でも第一巻しか読めないならすぐに飽きてしまいますよね。

 

 

誤解してほしくないですが、同じスキット・同じ題材を反復練習する事がダメといっているのではないです。

反復練習はめちゃくちゃ効果があります。

 

 

新しく利用する学習教材として、私は雑誌のように毎月内容が更新され、さまざまなジャンルを取り上げている教材を探していました。

 

以下のものが満たせる教材があれば最高だなぁと考えていました。

 

・ボキャブラリーが増え、教養が身に付く

・毎月内容が更新される

・さまざまジャンルを扱っている

・英語の実力があがる

 

 

アルクの1000時間ヒアリングマラソンの存在を知った時、私が求めていたものが全て満たせると思い、テンションが上がってしまいました。

 

・雑誌のように読んで面白い

・毎月、最新の海外の話題が届く

・知的好奇心、教養が身に付く(世界で活躍する著名人のインタビューが凄く興味あるのだ!)

・語彙が増やせる

・多聴と精聴2つの学習ができる

・歴史的背景を含めた海外の文化や社会について学べる

・TOEIC形式のテストで英語力の伸びをチェック

 

これこそ私が探していた教材だ!

欲しいものがすべて満たせる!

 

1000時間ヒアリングマラソンの購読だけで、上記のように沢山の得るものがあります。

ドラゴンボールで例えるなら仙豆のようなものですね。

 

(仙豆とは・・・1粒食べれば傷が癒え、パワーが漲り、なおかつ満腹感が1週間は続くという、魔法のような豆。見た目は枝豆。)

 

 

1000時間ヒアリングマラソンは気軽に楽しめるビュッフェ

スピードラーニングやエブリデイイングリッシュなどの英会話教材は内容が更新されず固定されています。それに対し、ヒアリングマラソンは毎月毎月、最新の海外情報をネタが詰まった雑誌が1冊届けられます。

 

その1冊1冊には芸能(エンタメ)、政治経済、科学、文化などジャンルが豊富です。ですが、ノルマも無ければ最初から最後までやる縛りも有りません。

 

興味あるジャンルだけ取り組んでも良いし、各ジャンルを一通り勉強しても良いのです。勉強の仕方も自由で繰り返し聴いて、ディクテーションして、シャドーイングして、、を繰り返してもいいのです。

 

 

1000時間ヒアリングマラソンをベース教材にして自分なりに学習できます。

取り組み方は自分次第。

 

とても自由度の高い学習教材だと思います。

 

 

言い換えると、定められたコースをキッチリたどって学習したい方には1000時間ヒアリングマラソンは不向きです。

 

1000時間ヒアリングマラソンは学習の指針はありますが、「全部やれ」ではなく、「好きな所をつまんでいってね」です。取り組み方は自分に委ねられます。

 

いわばバイキングやビュッフェのようなものです。

栄養バランスを考えて食べてもいいし、自分で好きなものだけ食べても良いのです。

 

1000時間ヒアリングマラソンの中でも科学だけ読みたい人は科学だけ読めばいいし、エンタメ、社会、科学、文化いろいろバランス良く読みたければ、それでもいいのです。

 

定められたコースをキッチリやってコツコツ実力を付けていきたいのであれば、エルマーや30日間英語脳育成プログラム、エブリデイイングリッシュフレージーズが良いと思います。

 

これらは、バイキングやビュッフェと違って、コース料理です。

 

順々に課題をクリアしてくことで実力がついていきます。

(デザートはもちろんテストです!)

 

 

1000時間ヒアリングマラソンのスタートが楽しみです

1000時間ヒアリングマラソンは私が求めていたものをすべて備えていました。

これだけのものが手に入るのです。

 

・雑誌のように読んで面白い

・毎月、最新の海外の話題が届く

・知的好奇心、教養が身に付く

・語彙が増やせる

・多聴と精聴2つの学習ができる

・歴史的背景を含めた海外の文化や社会について学べる

・TOEIC形式のテストで英語力の伸びをチェック

 

一般的な英語教材ではカバーできないほどの多彩なジャンル、英語の実力がアップする仕組みがふんだんに取り入れられた雑誌が年間購読で53,784円です。

 

月額にすれば4,500円。

 

会社の飲み会に行くよりも素晴らしい自己投資だと思います。

 

 

どんな情報が載っているのかとても楽しみです。

後日、1000時間ヒアリングマラソンを使った感想をお伝えしたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク