30日間英語脳育成プログラム

30日間英語脳育成プログラムの購入レビュー

言語学博士が開発し、官公庁・大手企業も導入している英会話教材

30日間英語脳育成プログラムは導入実績を見ると非常にさまざまな所で利用されている事が分かります。例えば、国土交通省、日立製作所、キリンビール、東京大学、東京工科大学、産業能率大学などなど。

 

利用者の91%が2週間で英語が分かった!と回答した英会話教材とは一体どんなものなのでしょうか?とても興味深かったので購入してみる事にしました。

 

 

30日間英語脳育成プログラム 英語克服完全セットを買いました

 

30日間英語脳育成プログラム 英語克服完全セットは英会話上達研究会のなかでも目玉商品のようです。

 

英語克服完全セットの内容は次のようになっています。

 

・30日間英語脳育成プログラム【初級編】

データCD1枚、音声CD1枚、ハンディテキスト

 

・30日間英語脳育成プログラム【中級編】

データCD1枚、音声CD1枚、ハンディテキスト

 

・大人の為のやり直し英語講座(初級)

DVD1枚

・聴けて話せる英語実践セミナー

DVD1枚

・書籍 聴順直脳トレーニング

CD1枚付属

 

メイン教材は30日間英語脳育成プログラム【初・中級編】です。1日20~30分、30日の期間で終えられるボリュームになっています。仕事や家事で忙しい方でも無理せず継続できそうです。

 

大人の為のやり直し英語講座と聴けて話せる英語実践セミナーは教材を完全監修した言語学者 御園博士のセミナーでした。英会話を効率良く習得していくための勉強方法を中心で、私も参考になるところがありました。

 

書籍 聴順直脳トレーニングは英語を訳すときのテクニックと練習方法がまとめられています。これは実際のメイン教材でも行うので、さらっと読む程度でも良いと思います。

 

地道で着実に実力が伸ばせるレッスン

30日間英語脳育成プログラムの1レッスンはStep1~8に分けられ、聴く・話すを徹底的に練習します。基本的にテキストは見ないで練習をします。具体的にどんなステップでレッスンを進めるのかまとめてみました。

 

Step1.スキットの背景を確認

Step2.音声を繰り返し聴きディクテーションする

Step3.聞き取れなかった部分をテキストで確認

Step4.聴順直脳訳で英文を理解

Step5.テキストを読みながらリスニング

Step6.テキストなしで音声を繰り返し聴く

Step7.テキストを音読

Step8.シャドーイングで練習

 

 

どんな風にレッスンを行っていくのか録画をしてみました。

 

実際のレッスンの内容を録画してみました

 

 

補足:聴順直脳訳って一体何?

聴順直脳訳とは返り読みをせず、英語音声やテキストを頭から訳してそのまま理解することです。

 

例えば、

I was reading a book which my father gave me yesterday.

という英文があるとすると、日本語に訳すときに文章の前後を行ったり来たりすることになります。

 

私は(I)、昨日(yesterday)、父親が私にくれた(which my father gave me)、本を読んでいた(was reading a book)。

 

聴順直脳訳は意味のまとまりごとに分けて英語の語順のまま理解していきます。

 

I was reading a book/which my father gave me/yesterday.

 

頭からそのまま訳していくので、日本語訳は次のようになりますが意味は通じますよね。

 

私は本を読んでいた

(I was reading a book)

 

それを父親が私にくれた

(which my father gave me)

 

昨日

(yesterday)

 

この返り読みをしないで意味のまとまりごとに頭から訳していく方法はTOEICでリスニング満点者を多数輩出している教材スーパーエルマーでも取り入れられています。(聴順直脳訳とスーパーエルマーのどちらが先か分かりませんが・・・。)

 

聴順直脳訳のメリットはずばり実際の会話でもリーディングでもタイムラグを生まないことです。英文の文頭から文末まで行ったり来たりするので内容を理解するのに時間がかかりますが、英文をまとまりごとに理解していくので、聴こえてきた順に英文の内容が理解できるのです。

 

 

地道で英会話の勉強方法として王道中の王道

 

30日間英語脳育成プログラムのレッスンは画期的な練習方法でもなく地道です。レッスン風景をご覧になった方はお分かりかと思いますが、見た目も結構地味です。しかし、聴く・声に出すを徹底的に出来ますので、実践的な英会話練習としてはまさに王道です。

 

もう一度レッスンの流れを確認してみましょう。

 

Step1.スキットの背景を確認

Step2.音声を繰り返し聴きディクテーションする

Step3.聞き取れなかった部分をテキストで確認

Step4.聴順直脳訳で英文を理解

Step5.テキストを読みながらリスニング

Step6.テキストなしで音声を繰り返し聴く

Step7.テキストを音読

Step8.シャドーイングで練習

 

1レッスンで、

聴く・文章を理解・声に出す、

をひたすら実践してきます。

 

とても単純でマンネリ化してしまうかもしれませんが、どんなに優れた教材・英会話塾だとしても英会話の練習は「聴く・文章を理解・声に出す」に集約されます。

 

PCが必須の英会話教材

教材は音声のみを収録したCDが付属していますが、基本的にPCで行う事を推奨しています。

 

なぜかというと、内容を聴いた後に文章の理解(聴順直脳訳)のステップが含まれているからです。音声のみですとそのステップを飛ばすことになってしまいます。

 

通勤・移動中などスキマ時間で音声を聴いて耳を英語に慣らす分には良いのですが、教材の効果を最大限に発揮させるためには1日20~30分の間は腰を据えてPCに向かうと良いでしょう。

 

Macユーザーの方にとっては1つ残念な情報となってしまうのですが、30日間英語脳育成プログラムはMacでの動作保証がされていません。ですので、Macユーザーの方で30日間英語脳育成プログラムを使ってみたい場合はBootcampを使ってWIndowsをインストールする必要が出てきます。

 

参考:BootcampにWindowsをインストールする方法 

 

30日間英語脳育成プログラムはどんな人向け?

英会話教材として王道中の王道です。スキットの内容は日常英会話からビジネスシーン、少々下世話な話までカバーしています。

 

私が試してみた限りではこういった人に本教材を試してほしいです。

・英会話の勉強方法が分からない

・今後ブレない勉強方法を確立したい

・仕事で英会話を習得する必要が出たけれどもスクールに通う時間がない

・早朝・寝る前のちょっとした時間に自己投資したい

 

結論:評価できる英会話教材

30日間英語脳育成プログラムは派手さはないですが、「聴く・声に出す」徹底的に実践できる教材です。30日間やってみて英語ぺらぺらにはなれると思いませんが、繰り返し練習することで着実に実力アップできるでしょう。

 

ranka

 

>>30日間英語脳育成プログラムの公式サイト

 

 

英会話独学ファイルオリジナル特典のご案内

英会話独学ファイルから教材を購入して頂いた場合には、当サイトオリジナルの特典「【自分式】日常英会話勉強法の作り方」をプレゼントさせていただきます。

 

【自分式】日常英会話勉強法は、英会話を勉強するための教材ではなく、実践的な英会話を身に付けるための考え方や自分に最適な勉強法の作り方をまとめたものです。

 

私の周りには3ヵ月、6ヶ月とごく短期間のうちに日常英会話を習得した人が何人もいます。そんな彼・彼女たちの勉強法を聞いてみたところ、それぞれ勉強方法に違いはあるものの、いくつか共通する考え方がありました。

 

本特典は、短期間のうちに日常英会話を習得した人たちが実践していた考え方・勉強法のエッセンス部分だけを取り入れました。
そして誰でも自分に最適かつ今後ブレない自分式勉強法を確立できるようにワークも用意してあります。

 

これまでにさまざまな英会話教材を試し、努力したにもかかわらず全く成果が出なかった人には突破口となる方法です。

特典の詳細はこちらのページをご覧ください。

 

tokutenshousai

 

 

スポンサーリンク

1000時間ヒアリングマラソンはじめました

私は自己紹介でちらっとお伝えしたように、英語学習の偏食ともいえる偏った学び方をしていました。

 

大学の研究室時代に英語を使わざるを得ない状況になってしまったので、

実験や研究分野に関する英語に特化して勉強し、英会話をできるように練習したのです。

 

文法や発音など細かいことは気にせず明日使う会話のために英語を勉強しました。

 

その甲斐あって3か月程度で実験に関することは、

英語でもコミュニケーションできるようになりました。

 

 

その時、1つの分野に特化して勉強する事の威力を体感したのですが、

実は1つの弱点があったのです。

 

自分の成長度合いをすぐに実感できる反面、

「small talk」つまり、間話や雑談となると語彙の少なさを痛感するのです

 

 

例えば、こういう会話がめちゃくちゃ苦手だったのです。

 

What is the national dish of 相手の出身国?
(相手の出身国)の国民食(代表的な料理)はなんですか?

 

What do you do when you you have a free time?
(時間のあるときには、何をなさっているのですか?)

 

雑談力の英語バージョンといったところです。

 

 

もっと英会話を上達させたい、

いろんな話題で英会話をしたい、

、、、となると語彙力アップは避けて通れません。

 

 

かといって、ボキャビルや速読英単語のような単語をギュッと圧縮して学ぶのは苦手です。

そこで、ずっと気になっていた教材、1000時間ヒアリングマラソン始めました。

 

 

1000時間ヒアリングマラソンの存在を知った時、テンションが上がった

英語教材は安くても1万円はしますし、高いものは5万、20万円の世界です。

 

私は、お金を出して買うならば英会話の実力を上げたいですし、さらに教養も身に付けたいと思っていました。

 

英語で日常会話を不自由なくできるようにするには、ボキャブラリーは当然ながら教養も必要だからです。

 

この場合の教養とは英語圏の文化的背景ですね。

 

有名な教材(エブリデイイングリッシュやエルマーなど)でも繰り返し練習すれば英会話の実力は身に付きます。

 

しかし、これらは同じスキット(買い物、ホテルの予約など)、同じ題材(海外旅行、海外のニュースなど)を繰り返し練習する教材です。一度購入したら、ずっと同じスキット・同じ題材を反復練習するのです。

 

 

これはドラゴンボール第一巻を何度も何度も読んでいるようなものです。

第一巻の内容はセリフを丸暗記できるくらい詳しくなっても、その先の展開は分らないのです。

いくらドラゴンボール好きの人でも第一巻しか読めないならすぐに飽きてしまいますよね。

 

 

誤解してほしくないですが、同じスキット・同じ題材を反復練習する事がダメといっているのではないです。

反復練習はめちゃくちゃ効果があります。

 

 

新しく利用する学習教材として、私は雑誌のように毎月内容が更新され、さまざまなジャンルを取り上げている教材を探していました。

 

以下のものが満たせる教材があれば最高だなぁと考えていました。

 

・ボキャブラリーが増え、教養が身に付く

・毎月内容が更新される

・さまざまジャンルを扱っている

・英語の実力があがる

 

 

アルクの1000時間ヒアリングマラソンの存在を知った時、私が求めていたものが全て満たせると思い、テンションが上がってしまいました。

 

・雑誌のように読んで面白い

・毎月、最新の海外の話題が届く

・知的好奇心、教養が身に付く(世界で活躍する著名人のインタビューが凄く興味あるのだ!)

・語彙が増やせる

・多聴と精聴2つの学習ができる

・歴史的背景を含めた海外の文化や社会について学べる

・TOEIC形式のテストで英語力の伸びをチェック

 

これこそ私が探していた教材だ!

欲しいものがすべて満たせる!

 

1000時間ヒアリングマラソンの購読だけで、上記のように沢山の得るものがあります。

ドラゴンボールで例えるなら仙豆のようなものですね。

 

(仙豆とは・・・1粒食べれば傷が癒え、パワーが漲り、なおかつ満腹感が1週間は続くという、魔法のような豆。見た目は枝豆。)

 

 

1000時間ヒアリングマラソンは気軽に楽しめるビュッフェ

スピードラーニングやエブリデイイングリッシュなどの英会話教材は内容が更新されず固定されています。それに対し、ヒアリングマラソンは毎月毎月、最新の海外情報をネタが詰まった雑誌が1冊届けられます。

 

その1冊1冊には芸能(エンタメ)、政治経済、科学、文化などジャンルが豊富です。ですが、ノルマも無ければ最初から最後までやる縛りも有りません。

 

興味あるジャンルだけ取り組んでも良いし、各ジャンルを一通り勉強しても良いのです。勉強の仕方も自由で繰り返し聴いて、ディクテーションして、シャドーイングして、、を繰り返してもいいのです。

 

 

1000時間ヒアリングマラソンをベース教材にして自分なりに学習できます。

取り組み方は自分次第。

 

とても自由度の高い学習教材だと思います。

 

 

言い換えると、定められたコースをキッチリたどって学習したい方には1000時間ヒアリングマラソンは不向きです。

 

1000時間ヒアリングマラソンは学習の指針はありますが、「全部やれ」ではなく、「好きな所をつまんでいってね」です。取り組み方は自分に委ねられます。

 

いわばバイキングやビュッフェのようなものです。

栄養バランスを考えて食べてもいいし、自分で好きなものだけ食べても良いのです。

 

1000時間ヒアリングマラソンの中でも科学だけ読みたい人は科学だけ読めばいいし、エンタメ、社会、科学、文化いろいろバランス良く読みたければ、それでもいいのです。

 

定められたコースをキッチリやってコツコツ実力を付けていきたいのであれば、エルマーや30日間英語脳育成プログラム、エブリデイイングリッシュフレージーズが良いと思います。

 

これらは、バイキングやビュッフェと違って、コース料理です。

 

順々に課題をクリアしてくことで実力がついていきます。

(デザートはもちろんテストです!)

 

 

1000時間ヒアリングマラソンのスタートが楽しみです

1000時間ヒアリングマラソンは私が求めていたものをすべて備えていました。

これだけのものが手に入るのです。

 

・雑誌のように読んで面白い

・毎月、最新の海外の話題が届く

・知的好奇心、教養が身に付く

・語彙が増やせる

・多聴と精聴2つの学習ができる

・歴史的背景を含めた海外の文化や社会について学べる

・TOEIC形式のテストで英語力の伸びをチェック

 

一般的な英語教材ではカバーできないほどの多彩なジャンル、英語の実力がアップする仕組みがふんだんに取り入れられた雑誌が年間購読で53,784円です。

 

月額にすれば4,500円。

 

会社の飲み会に行くよりも素晴らしい自己投資だと思います。

 

 

どんな情報が載っているのかとても楽しみです。

後日、1000時間ヒアリングマラソンを使った感想をお伝えしたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク