ギズモード・ジャパンで知ったのですが、Goolge翻訳アプリのアップデートがスゴイですね。

画像&動画で紹介されていますが私もビビりました。

 

まだ見ていない方はご覧ください。すごいですよ。

 

Google翻訳が大きくアップデート。語学学習への意欲がどんどん削がれていく
(ギズモード・ジャパン)

 

リアルタイム会話翻訳がスゴイ

会話を翻訳する機能自体はもともとあったのですが、ちょっと不便で無線通信のように話し手が変わるたびにマイクボタンを毎度押して「どうぞ」とやっていたのです。

今回のアップデートでは翻訳する言語を2つ設定すれば、あとは自動で認識してくれるので、マイクボタンを毎度推す必要がなくなりました。

動画を見ると翻訳がとてもスムーズですよね。感動しちゃいました。

 

しかも、「使えば使うほど翻訳精度が上がる」ので、聞き取りのミス・翻訳ミスが減っていきます。

もう無限ループですよね。使うほど精度が上がり、そうなればユーザーが増えてより精度が増すのですから。

 

音声認識も性能が向上していて滑舌が悪かったり、モゴモゴ何っているのか分からないような場合でも認識できるようになってきています。

 

さらにですよ、翻訳機能は不自然な日本語になることが良くあり使い勝手がイマイチでしたが、Googleのビッグデータで「日本語らしさ」が解析できているようです。

 

近い将来同時通訳が不要になるかもしれない

これは私以外にも予想している人がいると思いますが、同時通訳の需要はどんどん減っていくのではないか?と考えられます。

しかし、これはあまりにも極論かもしれません。Google翻訳はタイムラグがありますし、間違いも起こりますからね。

 

話し手の伝えたいニュアンスを汲み取るところまでアプリの性能は良くないので、同時通訳の活躍の場はまだまだあります。

 

翻訳アプリで事足りる場面ではアプリがどんどん活用され、翻訳アプリでは事足りない場面では英語が話せる人の活躍し続けるでしょう。

 

英語を学ぶ意味がなくなる?

Google翻訳の性能がどんどん向上していくことは分かりますが、だからといって英会話学習に意味がなくなるわけではありません。

 

洋画を字幕なしで観たい人もいますし、通訳を介さずに直接ディスカッションしたいビジネスマンもいます、外国の女性を自分の言葉で口説きたい人も当然いるでしょう。

 

Google翻訳アプリの性能向上で英会話学習の意欲が削がれた方もいらっしゃるかもしれませんが、落ち込むことはありません。

 

メールよりも電話、電話よりも直接会って会話する方がお互いの距離は縮められるのですから、アプリを介さずに直接英語で会話した方が気持ちを通わせやすいことに変わりはありません。

 

あなたが英語を学ぶ理由、目的をいま一度再確認し、英会話学習に励みましょう。

 

 

スポンサーリンク